第一種圧力容器検査


第1種圧力容器とは、内部に大気圧を超える液体を保有したり、蒸気を受け入れて物を加熱したりする容器のことで、ボイラー同様年1回の性能検査を受け、安全の確保に努めなくてはなりません。
ボイラー整備士免許を持つものが整備・点検等を行う必要があり、ボイラー同様に長年培ってきた弊社の実績は信頼を得ております。

第一種圧力容器の整備

 第一種圧力容器の性能検査

  • 第一種圧力容器に係る性能検査を受けるときは、第一種圧力容器を冷却し、内部を換気し、掃除し、その他性能検査に必要な整備及び準備が必要となります。
  • 性能検査は、原則として第一種圧力容器等を開放した状態で行うため、性能検査の受検にあたっては、内部の清掃、附属品の分解など事前に整備します。
  • 安全弁又は逃がし弁の整備についは,安全弁等に固着、詰り等がないこと及び 安全弁等の作動圧力が適切に調整されていることを確認し整備します。
第一種圧力容器の性能検査

 第一種圧力容器の整備内容(参考実例)

第一種圧力容器性能検査

第一種圧力容器性能検査

第一種圧力容器性能検査

熱交換器性能検査

熱交換器性能検査 準備工事 安全弁整備後

熱交換器性能検査 準備工事 安全弁作動テスト中


施工事例

鉄骨ビル新築、内装・外装工事、防水工事など、弊社が手がけた各種施工事例をご紹介します。