耐震補強工事(地震災害への備え)

帝国バンク「BCPについての企業の意識調査」の資料

左記グラフは、帝国バンク「BCPについての企業の意識調査」の資料を基に作成したものですが、災害などリスクを最低限にするために、常に事業継続の備えをしておくことの大切さを表しています。
大切なものを守るための耐震対策は、必要不可欠であり、早すぎることはありません。
特に、工場や物流施設等は、生産の拠点であり、流通の要ですので、備えは万全でなくてはなりません。
特に、1981年(昭和56年)以前に建てられた建築物は、現在の耐震診断からみると基準がかなり違いますので、早めの診断が必要です。
弊社では、耐震診断から補強工事まで一括して行っております。 お気軽にご相談ください。


耐震補強工事

主に弊社で行う工事工法は鉄骨ブレス方式の工事となります。
耐震工事については、他社において耐震診断を受けられた建築物についても、施工いたします。
また、耐震補強工事に関する助成金については、各自治体等で異なりますので、事前にご相談ください。

耐震補強工事の手続き

鉄骨ブレース工法

鉄骨ブレース耐震工法は、鉄筋コンクリート構造の梁と柱の間に 鉄骨の枠を設置することにより、地震の揺れに対し強さとねばりを向上させる最もスタンダードな耐震工法です。

鉄骨ブレースのバリエーション
耐震に必要な強度・ねばりなどの補強レベル、間口の広さや建物環境などを考慮した、さまざまなバリエーションをご提案します。

鉄骨ブレースのバリエーション


施工事例

鉄骨ビル新築、内装・外装工事、防水工事など、弊社が手がけた各種施工事例をご紹介します。